お土産キーホルダーでめぐる日本全国ぶらり旅

お土産キーホルダー事情

第98回「龍泉洞(岩手県)」編 平成27年8月確認

 ̄霊羅山を背景に龍泉洞付近

⇔鏡洞入口

C妓ゝなを味わえる

た脆訶な地底湖

ッ和岩

Σ討任眛尭發呂劼鵑笋

龍泉洞レストハウス

店内

キーホルダー販売状況

龍泉洞観光会館遠景

龍泉洞観光会館

店内

キーホルダー販売状況

籠売りのステンドグラス風キーホルダー

<講評>北山崎からは道路も混雑しておらず、順調に龍泉洞の駐車場に到着。お盆前ということもあってか、多くの観光客で賑わい活気があります。
 洞窟内はひやっとして肌寒いくらいです。当然暗いので私の古いスマホでは撮影も一苦労。秋芳洞に比べると観光できる空間は狭く感じますが、龍泉洞の一番の売りである地底湖の神秘性を目の当たりにすると素直に感動します。
 土産屋は先ず駐車場から洞内入口に向かう途中、券売所も兼ねている「龍泉洞レストハウス」。
お土産KH販売状況は、13年前と比べるとかなり減ってます。マイコレクションでのタイトル数は
A級と言っても過言ではないのですが、今回は切符型、栓抜き型など3種のみという寂しい内容となっています。
 龍泉洞レストハウス以外の大きな土産屋は、駐車場を上がったところに「龍泉洞観光会館」があります。隣の「龍泉洞土産品センター」は、カーテンが閉め切られ、おそらく閉店しているものと思われます。 龍泉洞観光会館のKH販売状況は、龍泉洞レストハウスとほぼ同じです。ただし、宮沢賢治のイーハトーブもので、「銀河鉄道の夜」のステンドグラスKHが籠売りで販売されています。かつては岩手県全域で販売されていた宮沢賢治関連のKHも減少傾向です。

事情インデックス

  ←前へ  次へ→

 

ホーム     → 出発の前に      → 想い出コラム      → リンク集      → 掲示板      → メール